バイク用シューズ おすすめの選び方

ライディングギア

バイクに乗る際には専用のシューズを着用することをオススメします。

足元を保護する目的も重要ですが、ギアチェンジやリアブレーキなどを、確実に操作できるのを着用しないと思わぬ転倒や事故の原因になりかねません。

また、専用のシューズには左足の親指の付け根の部分に補強が施されており、シフトレバーによる傷と摩耗を防ぐことができます。

快適なライディングをするためには、自分に合ったシューズを選ぶことが大切です。以下に、バイク用シューズの選び方について解説します。

安全性

バイク用シューズは、安全性を考慮して設計されています。

シューズのアウトソールはバイクのステップや路面に対して滑りにくいものでなくてはなりません。

万が一の転倒を考えると、くるぶし付近まで覆われるハイカットのデザインものを選ぶことで、けがを軽減する効果があります。

足を保護する一方で、柔軟に足首を動かせることができないと、ミッション、ブレーキの操作に支障が出る恐れもありますので試着が重要です。

履き心地、使い勝手

バイク用シューズは、バイクの操作に特化しており、運転自体には適しているシューズといえますが、ツーリングなどの実用性も大事な検討要素になります。

ツーリングなどで、道中の観光地、休憩場所に立ち寄った際や、食事の際にも基本的にはライディング用のシューズで過ごすことになります。

そのため履き心地や歩き心地も重要なポイントです。

自分の足に合ったサイズを選び、試着してみることが大切です。

暑い季節には通気性が良く、汗をかいても蒸れない素材のもの、寒い季節には防風、防寒性の高い素材、設計のものがおすすめです。

また、操作性とは相反するものの、くつ底が厚めに設計されたものはシート高が高いバイクの足つき性を改善してくれます。

デザイン

とはいえデザインは重要な選択の要素となります。

ファッションとして考えるとやっぱり足元の外観は重要なポイントとなりますし、自分の好みに合ったデザインのものを選ぶことで、モチベーションも向上します。

普段使いしても違和感のない、さりげなく機能を盛り込んだライディングシューズもラインナップされます。

私自身も暑い季節以外はカジュアルブーツタイプのシューズを愛用しています。

まとめ

バイク用シューズの選び方について解説しました。

普段履きのシューズで運転ができないわけではありませんが、やはり専用シューズならではの機能性は、ライディングを快適にし、安全性を高めます。

安全性を基本としてファッション性も考慮しながら目的を整理して、自分に合ったシューズを選び、快適なライディングを楽しみましょう。

できれば用途別に複数のシューズを所有することをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました